過冷を伴う融液凝固の機構の追究,凝固によって発現される組織・組成のミクロ性とマクロ伝熱を連結する速度論の展開,さらに,Pb-Sn系あるいはBi-Sn系の合金融液を供試した実験により,組織と組成を制御した傾斜複合材料の開発を進めている。