先輩からのメッセージ

経験が"生きる”やりがいを実感する

卒業生:森本 雅憲

森本 雅憲
平成19年度 生産加工システム研究室 修士修了
パナソニック電工株式会社 製造システムセンター 金型開発グループ

現在は金型設計開発業務に携わっております.金型は一品一様で担当する商品も毎回違うので金型知識はもちろん,商品知識も深まり,やりがいを感じております.

業務では3DCADやCAEといったツールを使うので,大学での設計製図や3DCADに関する経験が役に立っています.また,ゼミや学会発表の経験から,社内会議などの場でも緊張することなく話せています.

機械を卒業して良かった点は材力・熱力・水力・伝熱・加工などの機械工学全般を学んでいたおかげで金型設計の導入がスムーズだった点です.これらの分野を復習することもあるので,大学での経験が生きているという実感があります.そういう意味でも機械系は「つぶし」が効きます.社内においても活躍できる部署が多く,重宝されると思います.

一方,仕事を始めると業務に関する勉強に時間をとられ,語学の勉強に手が回りません.是非,学生の時にしかできない勉強・経験をして下さい.

ページのトップへ