金沢大学 理工研究域 機械工学系 環境科学研究室

金沢大学機械工学系

研究実績(2013年〜, 1990年〜2012年は こちらへ

研究論文(学術専門誌)

2016年

  1. X. Liu, Y. Osaka, H. Huang, A. Kodama, Z. He, Huhetaoli, X. Yang, Y. Chen, “Development of high-performance SO2 trap materials in the low-temperature region for diesel exhaust emission control", Separation and Purification Technology, 162, pp. 127-133 (2016)
  2. T. Tsujiguchi, Y. Miyashita, Y. Osaka and A. Kodama, “Influence of Contained Water Vapor on Performance of Simulated Biogas Separation by Pressure Swing Adsorption", Journal of Chemical Engineering, 49(3), pp. 251-256 (2016)
  3. T. Tsujiguchi, F. Matsuoka, Y. Hokari, Y. Osaka, A. Kodama, "Overpotential analysis of the Direct Formic Acid Fuel Cell", Electrochim. Acta, 197, pp. 32?38 (2016)
  4. 丸山香名江, 井上宏志, 岡野浩志, 松隈洋介, 児玉昭雄, ”CO2吸着用ハニカムロータの調製と回転式温度スイング吸脱着操作への適用”, 化学工学論文集, 42(1), pp.15-21 (2016)

2015年

  1. J. Li, H. Huang, N. Kobayashi, Z. He, Y. Osaka, T. Zeng, “Numerical study on effect of oxygen content in combustion air on ammonia combustion", Energy, 93 (2), pp. 2053-2068 (2015)
  2. Z. Wang, M. Kubota, X. Yang, X. Liu, Z. He, Y. Osaka, H. Huang, "Research Progress on Thermochemical Heat Storage System", Advances in New and Renewable Energy, 3 (4), pp. 289-298(2015)
  3. X. Liu, H. Huang, Y. Osaka, Z. He, X. Yang, Z. Wang, N. Wang, "A Review on Development of Dry Desulfurization Materials for DeSOx Filter in Diesel Exhaust", Advances in New and Renewable Energy, 3 (4), pp. 299-304(2015)
  4. Y. Osaka, T. Kito, N. Kobayashi, S. Kurahara, H. Huang, H. Yuan, Z.He, “Removal of sulfur dioxide from diesel exhaust gases by using dry desulfurization MnO2 filter", Separation and Purification Technology, 150, pp. 80-85(2015)

2014年

  1. Y. Osaka, S. Kurahara, N. Kobayashi, M. Hasatani, and A. Matsuyama, "Study on the SO2 Absorption Behavior of Composite Materials for DeSOx Filter from Diesel Exhaust, Heat transfer engineering", 35(13) pp. 325-332 (2014)
  2. T. Kito, Y. Osaka, K. Kuwata, N. Kobayashi, H. Huang, Z. He, “Study on Performance of Chemical Heat Storage System for Direct Steam Generation", J. renewable and sustainable energy, 6(023101), (2014)
  3. Y. Osaka, F. Takahashi, T. Tsujiguchi, A. Kodama, H. Huang, Z. He and Huhetaoli, “Development of SO2 Absorption Materials Having Low Temperature Activity by Base Adducted Complex Method", Advanced Materials Research, 960, pp. 65-68 (2014)
  4. Y. Osaka, K. Yamada, T. Tsujiguchi, A. Kodama, H. Huang, Z. He, , “Study on the Optimized Design of DeSOX Filter Operating at Low Temperature in Diesel Exhaust", J. Chem. Eng. Japan, 47(7), pp. 555-560 (2014)
  5. T. Tsujiguchi, Y. Osaka and A. Kodama, "Study on the Miniaturization of the Desiccant Wheel by the Optimization of Designing/Operation Concept”J. Chem. Eng. Japan, 47(7), pp. 608-614 (2014)
  6. Y. Suwa, M. Kumita, H.Komori, A. Kodama, Y. Otani, “Impregnation of Calcium Chloride into Alumina Thin Film Prepared by Oxalic Acid Anodizing, J. Chem. Eng. Japan, Vol. 47, No.7, pp. 602-607 (2014)
  7. N. Nakagawa, Y. Ito, T. Tsujiguchi, H. Ishitobi,“Improved reaction kinetics and selectivity by the TiO2-embedded carbon nanofiber support for electro-oxidation of ethanol on PtRu nanoparticles", Journal of Power Sources, 248, pp.330-336 (2014)
  8. T. Tsujiguchi, T. Iwakami, S. Hirano, N. Nakagawa, “Water transport characteristics of the passive direct formic acid fuel cell”, Journal of Power Sources, 250, pp. 266-273 (2014)

2013年

  1. Preparation of Calcium Chloride-Anodized Aluminum Composite for Water Vapor Sorption, M. Kumita, M. Meiwa, K. Watanabe, A. Kodama, Appl. Therm. Eng., 50, pp.1564-1569,2013 (2013).
  2. ドライエア製造条件におけるデシカントローターの除湿挙動−第1報:ローター回転方向湿度温度分布の測定と考察, 綾目久雄,長坂茂之,神戸正純,辻口拓也,児玉昭雄, 冷凍空調学会論文集,30(4), 353-364, (2013)
  3. SAPO-34を用いた圧力スイング吸着プロセスによる模擬バイオガス(メタ ン・二酸化炭素・水 蒸 気)の分離, 児玉昭雄,瀬尾光弘,宮下裕一,大坂侑吾, 化学工学論文集,Vol.39, No.6, pp.503-507,(2013)
  4. The Performance Degradation of a Passive Direct Formic Acid Fuel Cell and its Improvement by a Hydrophobic Filter, Takuya Tsujiguchi, Soshi Hirano, Takanori Iwakami Nobuyoshi Nakagawa, Journal of Power Sources, 223 (2013) 42-49.
  5. Effect of Metal Modification to Carbon Paper Anodes on the Performance of a Yeast Based Microbial Fuel Cells, Part I: In the Case without Exogenous Mediator,Enas Taha Kasem, Takuya Tsujiguchi and Nobuyoshi Nakagawa,Key Engineering Materials, 534 (2013) 76-81.
  6. Effect of Metal Modification to Carbon Paper Anodes on the Performance of a Yeast Based Microbial Fuel Cells, Part II: In the Case with Exogenous Mediator, Methylene Blue, Enas Taha Kasem, Takuya Tsujiguchi, and Nobuyoshi Nakagawa,Key Engineering Materials, 534 (2013) 82-87.
  7. Ultrahigh methanol electro-oxidation activity of PtRu nanoparticles prepared on TiO2-embedded carbon nanofiber support, Yudai Ito, Taizo Takeuchi, Takuya Tsujiguchi, Mohammad Ali Abdelkareem, Nobuyoshi Nakagawa, Journal of Power Sources 242 (2013) 280-288.
  8. CarboneCeO2 composite nanofibers as a promising support for a PtRu anode catalyst in a direct methanol fuel cell, Chen Feng, Taizo Takeuchi, Mohammad Ali Abdelkareem, Takuya Tsujiguchi, Nobuyoshi Nakagawa, Journal of Power Sources 242 (2013) 57-64.
  9. Coproduction of acetic acid and electricity by application of microbial fuel cell technology to vinegar fermentation, T. Tanino, Y. Nara, T. Tsujiguchi, T. Ohshima, Journal of Bioscience and Bioengineering 116 (2013) 219-223.
  10. Tungsten Carbide Nanofiber Prepared by Electrospinning for Methanol Oxidation Reaction, Takayuki Ishikawaa, Mohammad Ali Abdelkareem, Takuya Tsujiguchi and Nobuyoshi Nakagawa, Key Engineering Materials Vol. 596 (2014) pp 55-59.

研究論文(その他)

2015年

  1. 辻口拓也,“ギ酸をエネルギーキャリアとした循環型社会”,太陽エネルギー 41 (4), p.23-28, (2015)
  2. 辻口拓也,児玉昭雄,“吸着式デシカント空調の高性能化に向けたアプローチ”,日本機械学会熱工学部門ニュースレター(TED Newsletter), 76, pp.2-7, (2015)
  3. 辻口拓也,“化学工学年鑑 10.エネルギー 10.3 燃料電池”化学工学 79, 10, pp.66-67, (2015)

2014年

  1. 児玉昭雄,"吸着剤・吸着プロセスの開発動向 -エネルギー・環境問題解決のために- (第4章「空調」)", シーエムシー出版(2014)

2013年

  1. 辻口拓也、中川紳好、ケミカルエンジニアリング, 2013 Vol.58 No.5, “長時間高出力の維持が可能な小型燃料電池の開発“ p.14-18
  2. 改訂版 デシカント空調システム(担当 第3章 デシカント空調技術,第6章 デシカント空調の市場と展望,第7章 今後の展望),日本 工業出 版,2013.7

解説論文

2013年

  1. デシカント除湿による空調の省エネルギーと快適性の向上,日本機械学会誌,116,1133,256-259 2013.4

著書(国際会議の論文集を著書として刊行されたもの)

2015年

  1. F. Matsuoka, T. Tsujiguchi, Y. Osaka, A. Kodama, "Improvement for the Mass Transfer in the Anode Electrode of Direct Formic Acid Fuel Cell Fabricated by Ultrasonic Spray”, ECS Transactions, 69(17), p.683-689 (2015)
  2. T. Tsujiguchi, R. Onishi, Y. Osaka, A. Kodama, “Synthesis of High Pd-loaded Pd/C Catalyst Using Ultrasonic Dispersions for the Direct Formic Acid Fuel Cells”, ECS Transactions, 69(17), p.817-824(2015)
  3. R. Onishi, T. Tsujiguchi, Y. Osaka, A. Kodama,” High Formic Acid Oxidation Activity and Stability of Pd Catalyst Supported by Nanoparticle-Embedded Carbon Nanofiber” ECS Transactions, 69(17), p.663-674, (2015)

2013年

  1. T.Tsujiguchi, T. Iwakami, N. Nakagawa, “ Effect of the membrane thickness on the over-potential behavior of the direct formic acid fuel cell” ECS Transaction 58 (1) p. 1885-1891, 2013

国際会議発表論文

2015年

  1. X. Liu, Y. Osaka, H. Huang, Z He, Z. Wang, A. Kodama, T. Huhe,“Experimental investigation on the improvement of adsorption rate in silica-gel layer by carbon fiber doping", APCChE congress 2015, Melbourne, Australia
  2. Y. Osaka, K. Narumiya, T. Tsujiguchi, A. Kodama, H. Huang, Z. He,“Experimental investigation on the improvement of adsorption rate in silica-gel layer by carbon fiber doping", APCChE congress 2015, Melbourne, Australia
  3. T. Tsujiguchi, Y. Tsuchiya, R.Onishi, Y. Osaka, A. Kodama, “Performance Enhancement of Pd/C for Direct Formic Acid Fuel Cell by Heat Treatment of the Carbon Black”, 227 th ECS Meeting, No.145, May 24-28, 2015, Chicago, Illinois, USA

2014年

  1. H. Ayame, T. Tsujiguchi, A. Kodama, S. Nagasaka, M. Godo, “Low Dew Point Air Production by Adsorptive Desiccant Rotor and its Design/Operating Concept”, 2014 International Sorption Heat Pump Conference, Proceedings of 2014 International Sorption Heat Pump Conference, Paper No.102, 9 Pages in Proceedings USB, March 31-April 3, 2014, College Park, Maryland
  2. Y. Osaka, K. Narumiya, T. Tsujiguchi, A. Kodama, H. Huang, Z. He,"Experimental Investigation on Heat and Mass Transfer Behavior in Silica-Gel Layer by Volumetric Method”, 10th International Conference on Separation Science and Technology, DP-18, Nara Prefectural New Public Hall, Nara, Japan Oct. 30 ? Nov. 1 (2014)
  3. K. Dodo, Y. Osaka, T. Tsujiguchi, A. Kodama, H. Huang, X. Liu,” Experimental Investigation on SO2 Purification Performance of Dry-DeSOx Filter for Optimizing Filter Design”, 10th International Conference on Separation Science and Technology, DP-18, Nara Prefectural New Public Hall, Nara, Japan Oct. 30 ? Nov. 1 (2014)
  4.    
  5. T. Tsujiguchi, M. Hata, Y. Osaka, A. Kodama, “Fundamental Study on the Temperature Rising for the Low Grade Heat Using an Adsorbent Desiccant Wheel Operated with Humidity Swing”, Grand renewable energy 2014 International Conference, Proceedings of Grand Renewable Energy 2014, 6 pages in DVD, Tokyo Big sight, Japan, 31 July (2014)
  6. T. Tsujiguchi, F. Matsuoka, Y. Osaka, A. Kodama, “Effect of the Operation Temperature on the Overpotential of the Direct Formic Acid Fuel Cell”, Grand Renewable Energy 2014 International Conference, Proceedings of Grand Renewable Energy 2014, 6 pages in DVD, Tokyo Big sight, Japan, 1 August (2014)
  7. T. Tsujiguchi, Y. Miyashita, Y. Osaka, A. Kodama, “Separation of a Simulated Biogas Mixture (Methane-carbondioxide-water Vapor) by Pressure Swing Adsorption, Grand Renewable Energy 2014 International Conference,Proceedings of Grand Renewable Energy 2014, 6 pages in DVD, Tokyo Big sight, Japan, 29 July (2014)

2013年

  1. T. Tsujiguchi, Y. Osaka, A. Kodama, “Study on the miniaturization of the desiccant wheel by optimization of designing/operation concept" Proceedings of the Innovative Materials for Process in Energy Systems 2013 (IMPRES2013), Fukuoka, Japan, pp.99 - 104
  2. Y. Osaka, A. Kodama, Study on the optimized design of DeSOX filter operating at low temperature diesel exhaust, International Symposium on Innovative Materials for Processes in Energy Systems 2013 (IMPRES2013), September, 2013, Fukuoka, Japan, pp.489-494

受賞

  1. 大西 諒, 辻口 拓也, 大坂 侑吾, 児玉 昭雄, 化学工学会第81年会最優秀学生賞“SiO2混合カーボンナノファイバー担体による高ギ酸酸化活性触媒の開発”, 平成28年3月15日
  2. 大西 諒, 辻口 拓也, 大坂 侑吾, 児玉 昭雄, 化学工学会第80年会学生賞(銅賞)“化学還元時の超音波処理がPd/Cのギ酸酸化活性におよぼす影響”, 平成27年3月21日
  3. T.Tsujiguchi,Best Poster Presentation Award on Area XI: Energy Conservation and Heat Punp, Grand renewable energy 2014 International Conference, “Fundamental study on the temperature rising for the low grade heat using an adsorbent desiccant wheel operated with humidity swing”, 2014/8/1
  4. 辻口拓也、児玉昭雄、平成24年度日本冷凍空調学会学辻術賞、「吸着材デシカントローターの最適操作設計指針」平成25年5月14日
  5. 大坂侑吾、平成24年度日本冷凍空調学会研究奨励賞、「局所物質移動係数を用いた簡易モデルによるデシカントロータの性能予測」平成25 年5 月14日
  6. 畑元気、平成24年度日本冷凍空調学会優秀講演賞、「湿度スイング吸着における施設園芸用温室の除湿暖房に関する基礎研究」平成25年5 月 14日
  7. 高橋史弥,宮下裕一,大坂侑吾,辻口拓也,児玉昭雄、化学工学会第45回秋季大会分離技術部会ポスター賞,「高比表面積を有する金属酸化 物の 複合塩化による高活性脱硫材の開発」、平成25年9月18日

依頼講演

  1. 辻口拓也,"ギ酸をエネルギーキャリアとした循環型社会の構築に向けた要素技術開発”, 金沢大学先端科学・イノベーション推進機構協力会 第7回特別セミナー,2015年8月20日
  2. 辻口拓也, “ギ酸燃料電池と太陽光によるギ酸の生産”, 日本太陽エネルギー学会/太陽光化学・バイオマス部会第6回研究講演会, 2015年6月26日
  3. 辻口拓也,“ギ酸をエネルギーキャリアとした循環型社会”,2015 年度電気化学会北陸支部春季(石川)大会, 2015年5月21-22日
  4. 児玉昭雄,デシカント除湿空調と園芸用温室への適用可能性(日本農業気象学会北陸支部大会,金沢)2014年11月
  5. 児玉昭雄,水蒸気吸着材を用いた冬季除湿・暖房支援システムの可能性検討(自動車技術会No.04-14シンポジウム“もっと快適でもっ と省エネな車両空調技術をめざして ─車室内環境技術レビュー2014 ─”)2014年11月
  6. 大坂侑吾,容量法によるシリカゲル吸着剤層内の吸脱着挙動評価−等温条件での吸脱着速度の実験的評価を目指して−,化学工学会 エネルギー部会 熱利用分科会 第二回若手セミナー,2013年12月,金沢大学
  7. 児玉昭雄,吸脱着プロセスの基礎とエネルギー分野での展開,日本吸着学会 第22回吸着シンポジウム(岐阜)2013年9月

国内学会発表

2016年

  1. 辻口拓也,松岡史彦,大坂侑吾,児玉昭雄,“アノードに担持触媒を用いた直接ギ酸形燃料電池の発電特性”口頭発表,化学工学会第81年 会、平成28年3月13-15日、関西大学、大阪
  2. 大西 諒、辻口 拓也、大坂 侑吾、児玉 昭雄、“SiO2混合カーボンナノファイバー担体による高ギ酸酸化活性触媒の開発”、ポスター発表、化学工学会第81年会、平成28年3月13-15日、関西大学、大阪
  3. 土屋 祐貴、辻口 拓也、小島 圭介、大坂 侑吾、児玉 昭雄、“ハイパーブランチポリマー安定化Pd ナノ粒子の焼成挙動とギ酸酸化活性の関係,、ポスター発表、化学工学会第81年会、2016.3.13-15、関西大学、大阪
  4. 向江 有貴、辻口 拓也、大坂 侑吾、児玉 昭雄、“Sn 系触媒を用いたCO2電気化学還元によるギ酸生成挙動”,ポスター発表、化学工学会第81年会、平成28年3月13-15日、関西大学、大阪

2015年

  1. 諏訪 祐司, 河上 昇平, 汲田 幹夫, 大谷 吉生, 辻口 拓也, “高密度活性炭吸着材のメタノール蒸気吸着特性”, L315, 化学工学会 第80年会, 芝浦工科大学, 平成27年3月21日
  2. 辻口 拓也, 大坂 侑吾, 児玉 昭雄, “直接ギ酸形燃料電池のアノード触媒設計指針”, M315, 化学工学会 第80年会, 芝浦工科大学, 平成27年3月21日
  3. 中島 清人, 辻口 拓也, 小島 圭介, 大坂 侑吾, 児玉 昭雄, “ハイパーブランチポリマー安定化Pdを用いたギ酸酸化触媒の作製”YD312, 化学工学会 第80年会, 芝浦工科大学, 平成27年3月21日
  4. 大西 諒, 辻口 拓也, 大坂 侑吾, 児玉 昭雄, “化学還元時の超音波処理がPd/Cのギ酸酸化活性におよぼす影響”, YD319, 化学工学会 第80年会, 芝浦工科大学, 平成27年3月21日
  5. 松岡 史彦, 辻口 拓也, 大坂 侑吾, 児玉 昭雄, “直接ギ酸形燃料電池の電極過電圧におよぼすカソード電極構造の影響” YD323, 化学工学会 第80年会, 芝浦工科大学, 平成27年3月21日
  6. 百々 恒介, 大坂 侑吾, 辻口 拓也, 児玉 昭雄, ”乾式脱硫フィルターにおける排ガス組成各種成分が捕集性能に与える影響” YE324, 化学工学会 第80年会, 芝浦工科大学, 平成27年3月21日
  7. 中塚 拓希、大坂 侑吾、辻口 拓也、児玉 昭雄、”分子ふるい炭素を用いたVSAによるメタン・二酸化炭素・水蒸気混合ガスの分離と水蒸気の影響”, 口頭発表、化学工学会第47会秋季大会、北海道大学、札幌、平成27年9月9-11日
  8. 大坂 侑吾、辻口 拓也、児玉 昭雄、” シリカゲル層の水蒸気吸着速度に与える層内熱伝導度の影響評価” 口頭発表、化学工学会第47会秋季大会、北海道大学、札幌、平成27年9月9-11日
  9. 辻口 拓也、大坂 侑吾、児玉 昭雄、”直接ギ酸形燃料電池の物質移動解析” 口頭発表、化学工学会第47会秋季大会、北海道大学、札幌、平成27年9月9-11日
  10. 大西 諒,、辻口 拓也、松岡 史彦、大坂 侑吾、児玉 昭雄、”超音波前処理によるPd高担持触媒の作製”, ポスター発表、化学工学会第47会秋季大会、北海道大学、札幌、平成27年9月9-11日
  11. 松岡 史彦、辻口 拓也、大西 諒、大坂 侑吾、児玉 昭雄、”直接ギ酸形燃料電池のアノード過電圧におよぼす触媒層構造の影響“, ポスター発表、化学工学会第47会秋季大会、北海道大学、札幌、平成27年9月9-11日
  12. 百々 恒介, 大坂 侑吾、辻口 拓也、児玉 昭雄、”高比表面積MnO2による低温度域での乾式脱硫性能の向上に関する研究”, ポスター発表、化学工学会第47会秋季大会、北海道大学、札幌、平成27年9月9-11日
  13. 辻口 拓也、北川 大地、大坂 侑吾、児玉 昭雄、”吸着材テ?シカントローターの除湿挙動におよほ? す細孔特性の影響”2015年度日本冷凍空調学会年次大会、平成27年10月20-22日、早稲田大学、東京
  14. 大坂 侑吾、辻口 拓也、児玉 昭雄、” 繊維状吸着剤を用いたテ?シカント空調システム の可能性検討”, 2015年度日本冷凍空調学会年次大会、平成27年10月20-22日、早稲田大学、東京

2014年

  1. 帆苅 優、松岡 史彦、辻口 拓也、中川 紳好、大坂 侑吾、児玉 昭雄“直接ギ酸形燃料電池の出力低下挙動におよぼす物質移動特性の影響” 化学工学会第79年会,SC2P36, 平成26年3月19日,岐阜,岐阜大学
  2. 辻口 拓也、松岡 史彦、中川 紳好、大坂 侑吾、児玉 昭雄“直接ギ酸形燃料電池の電極過電圧挙動におよぼす発電温度の影響”化学工学会第79年会,K206, 平成26年3月19日,岐阜,岐阜大学
  3. 大西 諒、辻口 拓也、青山知弘、中川 紳好、大坂 侑吾、児玉 昭雄“新規触媒担体による直接ギ酸形燃料電池の触媒被毒の抑制” 化学工学会第79年会,SC2P39, 平成26年3月19日,岐阜,岐阜大学
  4. 辻口 拓也、松岡 史彦、帆苅 優、大坂 侑吾、児玉 昭雄、“高出力直接ギ酸形燃料電池の開発へ向けた過電圧解析”第21回燃料電池シ ンポジウムP23, 平成26年5月29-30日
  5. 辻口 拓也,沈堯,大坂 侑吾,児玉 昭雄, “デシカント空調プロセスの装置および流路構成が冷房性能におよぼす影響”,2014年度 日本冷凍空調学会 年次大会, A133, 佐賀大学, 佐賀, 平成26年9月10日
  6. 大坂侑吾,成宮一哉,辻口拓也,児玉昭雄,“容量法によるシリカゲル吸着剤層内の熱・水蒸気移動挙動の実験的検討” ,2014年度 日本冷凍空調学会 年次大会, A152, 佐賀大学, 佐賀, 平成26年9月10日
  7. 百々 恒介,大坂 侑吾,辻口 拓也,児玉 昭雄,“乾式脱硫フィルターにおける排ガス雰囲気が捕集性能に与える影響”化学工学会 第46回秋季大会,E105, 九州大学,福岡,平成26年9月17日
  8. 高橋 史弥,大坂 侑吾,辻口 拓也,児玉 昭雄,“無基材ハニカム構造による乾式脱硫フィルターの小型化に関する研究”化学工学会 第46回秋季大会,E106, 九州大学,福岡,平成26年9月17日
  9. 成宮 一哉,大坂 侑吾,辻口 拓也,児玉 昭雄,“シリカゲル層内の水蒸気拡散挙動に及ぼす層厚みの影響”化学工学会 第46回秋季大会,E107, 九州大学,福岡,平成26年9月17日
  10. 大西 諒, 辻口 拓也,中川 紳好,大坂 侑吾,児玉 昭雄,“粒子含有CNFを用いたDFAFCの耐被毒・高活性触媒の開発” 化学工学会 第46回秋季大会,V304, 九州大学,福岡,平成26年9月17日
  11. 松岡 史彦, 帆苅 優,辻口 拓也,大坂 侑吾,児玉 昭雄,“直接ギ酸形燃料電池の電極構造が濃度過電圧におよぼす影響” 化学工学会 第46回秋季大会,V320, 九州大学,福岡,平成26年9月17日
  12. 北川大地,辻口拓也,大坂侑吾,児玉昭雄,“シリカケ?ルロータの除湿挙動に与える吸着等温線形状の影響とその要因”,第28回日本吸着 学会研究発表会,P-01,北海道大学,札幌,平成26年10月23-24日
  13. 南村崇人,辻口拓也,大坂侑吾,児玉昭雄, “吸着熱を利用した低温排熱の昇温操作に関する基礎研究”, 第28回日本吸着学会研究発表会,P-02,北海道大学,札幌,平成26年10月23-24日
  14. 佐伯雅和,辻口拓也,大坂侑吾,児玉昭雄, “吸着熱交換器を用いたハ?ッチ式連続除湿に関する研究”, 第28回日本吸着学会研究発表会,P-03,北海道大学,札幌,平成26年10月23-24日

2013年

  1. 大坂侑吾,成宮一哉,辻口拓也,児玉昭雄,容量法によるシリカゲル層内の水蒸気吸脱着速度評価,2013年度日本冷凍空調学会年次大会 B312,2013年9月12日,東海大学
  2. 佐伯 雅和,児玉 昭雄,大坂 侑吾,辻口 拓也,岡本 久美子,吸着熱交換器を用いたバッチ式除湿操作−除湿挙動と吸着・脱着工程の切換えに関する考察−,2013年度日本冷凍空調学会年次大会, B331,2013年9月12日,東京,東海大学
  3. 綾目 久雄,永坂 茂之,神戸 正純,辻口 拓也,児玉 昭雄ドライエア製造用デシカントロータの除湿挙動解析と性能予測−第2 報 : シミュレーション精度の検証と運転パラメータの最適化−,2013年度日本冷凍空調学会年次大会, B334,2013年9月12日,東京,東海大学
  4. 大坂侑吾,辻口拓也,児玉昭雄,低温度域で作動可能な乾式脱硫フィルターの装置設計に関する研究,化学工学会 第45回秋季大会N101,2013年9月,岡山大学
  5. 九里拓,大坂侑吾,辻口拓也,児玉昭雄,蒸気脱着型TSAプロセスによるCO2分離の可能性検討,化学工学会 第45回秋季大会N102,2013年9月,岡山大学
  6. 高橋史弥,宮下裕一,大坂侑吾,辻口拓也,児玉昭雄,高比表面積を有する金属酸化物の複合塩化による高活性脱硫材の開発,化学工学会 第45回秋季大会ZC2P09,2013年9月
  7. 成宮一哉,大坂侑吾,辻口拓也,児玉昭雄,容量法を用いたシリカゲル層内の水蒸気拡散挙動に関する研究,化学工学会 第45回秋季大会ZC2P10,2013年9月,岡山大学
  8. 辻口拓也, 岩上誉矩,中川紳好“直接ギ酸形燃料電池の過電圧解析”第45回化学工学会秋季大会,J317, 2013年9月18日,岡山,岡山大学
  9. 宮下裕一,児玉昭雄,大坂侑吾,辻口拓也,水蒸気共存下における二酸化炭素の吸脱着挙動に関する研究,第 27 回日本吸着学会研究発表会,P-26, 2013年11月21日, 千葉大学
  10. 畑元気,児玉昭雄,大坂侑吾,辻口拓也,空気中二酸化炭素の吸着と濃縮に関する基礎研究,第 27 回日本吸着学会研究発表会,P-27, 2013年11月21日, 千葉大学

学会および社会における活動

学会会員

  1. 化学工学会(児玉、大坂、辻口)
  2. 日本吸着学会(児玉、大坂)
  3. 空気調和・衛生工学会(児玉)
  4. 日本冷凍空調学会(児玉、大坂、辻口)
  5. エネルギー・資源学会(児玉)
  6. 日本機械学会(児玉、辻口)
  7. 燃料電池開発情報センター(辻口)
  8. American Institute of Chemical Engineers(児玉)
  9. Electrochemical Society(辻口)
  10. International Society of Electrochemistry(辻口)

研究助成等の取得状況

  1. 中華人民共和国自然科学基金外国青年学者研究基金,“Synthesis of carbon fiber doped MnO2 for SOx after treatment of diesel exhaust at low temperature” (01/2016-01/2017)
  2. AS President’s International Fellowship Initiative for 2016(01/2016-12/2016)
  3. 中華人民共和国自然科学基金外国青年学者研究基金,“Preparation and performance study on substrate less dry desulfurization material of alkaline doped MnO2” (01/2014-01/2015)
  4. Grant-in-Aid for Young Scientists(B) in Japan society for the promotion of science, Researcher Number: 15K16140(04/2015-03/2017)
  5. Fellowship for Young International Scientists of the Chinese Academy of Science 2014(01/2014-12/2014)
  6. 公益財団法人澁谷学術文化スポーツ振興財団 研究奨励金,“Development of dehumidication process using adsorbent HEX for solar heat driven hybrid air conditioning system”(09/2014-09/2015)
  7. Fellowship for Young International Scientists of the Chinese Academy of Science 2014(01/2014-12/2014)
  8. JST戦略的創造研究推進事業 さきがけ 「固体高分子形燃料電池の代替を実現する直接ギ酸形燃料電池の開発」2015-2017年度 (代表)
  9. 文部科学省科学研究費補助金,基盤研究(B),「デシカントローター内水蒸気移動機構の解明と制御による吸着系エネルギーシステムの拡 充」 (代表)(2014-2016)
  10. 文部科学省科学研究費補助金,挑戦的萌芽研究,「湿度スイング操作型吸着材デシカントローターを用いた施設園芸用温室の除湿暖房」(代 表) (2013-2015)
  11. 文部科学省科学研究費補助金,若手研究(B), 「Liイオン電池を代替する次世代高性能燃料電池の開発」(代表)(2012-2014)
  12. 文部科学省科学研究費補助金,若手研究(B), 「大気圧プラズマを併用したゼロエミッションディーゼル用低温作動脱硫フィルターの開発 」(代表)(2013-2015)
  13. 受託研究CREST,精密分子ふるい機能の高度設計に基づく無機系追う機能分離材料創製,分担(代表:松方正彦), (2013-2017)
  14. 財団法人北陸産業活性化センターR&D推進・研究助成「液体燃料循環形社会の構築を想定した安定運転が可能な直接ギ酸形燃料電池 の開 発」,(代表) (2013-2015)
  15. 科学技術人材育成費補助事業「テニュアトラック普及・定着事業(個人選抜型)」, (2013-2017)
  16. 公益財団法人澁谷学術文化スポーツ振興財団 研究奨励金「高出力直接ギ酸形燃料電池の開発に向けた電極近傍の物質移動解析」, (代表)(2013-2014)